Visionまとめサイトとなってしまうのか・・・・・・やだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリモワールオブ魔理沙のスペルカードのが集まりません。早寝です。
東方紅魔郷(WC)東方妖々夢(ゲマズ)東方永夜抄(アニメイト)東方地霊殿(ひょうたん)まではわかってるんだが・・・・・さてあと9枚残ってることは3店舗であるんだよな?天子と萃香はセットでどっかにありそうだから探すしかないか

では調整会の告知をひとつ
イエローサブマリン京都四条店にて13時ぐらいから調整会を行うそうでして
今回も企画は岩桶様なのでよろしくお願いします一応概要6行にまとめ
場所 イエローサブマリン京都店 
開催日時 7月29日 13時より
内容 調整会、ドラフト、その他いろいろ
最寄り駅 京阪祇園四条 地下鉄東西線京都市役所前駅
早寝備考 水曜日暇なので行くと思う、撮影道具とカード一式、ドラフトセットはこの前のやつ持って行くかは決めてません、岩桶様広げてくれそうなので。できれば正午ぐらいに着きたい


>関西の09年上半期のカードプールの変遷
というわけでサイト移動で真っ白なのでこの辺をまとめてみようかと
関西のVisionは1月から始まりましたし、ちょうどまとめるのにはいい感じかと思うので、それではどうぞ・・・・・ついでに俺の独断と偏見でまとめさせていただいております


・1月 関西のVisionはこの月から始まった
12月に5弾は発売し、カード環境が安定したこの時期に第一回河内長野交流会が開始される。
環境は始めということがあり手探りの状態、皆様いろいろなデッキでした。
そんな中1位はハイランダーの超調整のデッキが1位(ぇ!ナカヤ様!!)に、2位に神様デッキ(文のいない千代田様)
たぶん神様がメタ外だったために上位に上がったものかとという台詞も聞かれましたが、真実は・・・・最初の手探り環境だったのが大きいかと。主催が
「みんなプリバだと思ってました」は名台詞
すかーれっとしゅーと様という超ゲストが来ていたのは一部の人しか知らないのです


・2月 奈良公認大会が発表される
奈良公認大会が3月にやると発表される、その間特に何もないと思いきや屈強のエリートは四日市にいたというのは秘密。
ついでに3月8日に新弾が出るという情報が出始め、いろいろ言われる


・3月 ユニオン(笑)との評価を下されるのか?
いきなり奈良大会がスタート、皆様考えられたのか上位陣は「空間操作」を使用、このとき河内長野主催陣の実力が露骨に出始める。
空間操作メタが流行るのかと奈良大会で思われたが1位に全国区プレイヤー椋木様がイド盾1キルにより大会を制する。何を間違えたのかイド盾メタ思考が始まる。
「俺がシャッフルして2回1キル」というトラウマを植えつけられたIoros様は有名な話。

そして次週にSpecial Collectionが発売され真っ先にドールズウォー+人形の森のデッキロックが話題に上がる。これチートなどといい始めるやつが出てきた・・・・・だが一部のプレイヤーはマクロバーストを見ていた

第二回河内長野が開催、ドールズウォーがちょこちょこ見られるがこれでは勝てないと悟ったプレイヤーが多数、釣瓶の方が強いのは明らかでした。ユニオンメタを考えてるプレイヤーが多かったのですが実際採用している方は少々ほど。マクロバーストは空を切った!!
そんな中1位はBrocco様、2位はNoir様という結果になる。ついでに両方河内長野主催陣、一同空気読めよ!と言われる。しかし裏舞台ではもっと凶悪なことが行われていた。
Brocco氏のデッキは当時ノータッチだったハンデスだったためである。
あたったプレイヤーは「フルーツ・・・・」これから先の関西にすべてのトラウマが放たれた・・・・この1戦は後の関西に大きな一戦であったことが後に証明される


・4月 公認大会ですか?
公式の告知で交流会と公認大会の枠が露骨に区分されて河内長野で同様が走るが・・・・結局はプロキシを大会中に使ってる方は少なかったためさほど影響はなかった、ついでに3月に再生産かかってたのでこのあたりでは資材は十分でした。

そんな中奈良公認大会が行われる。激動の特殊ルール「勢力戦」である!!
各勢力パワー差がまちまちでいろいろ試行錯誤をプレイヤーに与えた一戦、ルール上フルーツが1枚制限のため前回のトラウマを行われることがこのときはなかった
主人公勢力が人形+釣瓶という超展開デッキの中、見事優勝を収めたのは彼岸であった。
内容は超重量キャラが採用できる勢力だったのでリアニメイトや特殊条件で場に出すカードを大量投入でそれを早い段階で出してしまうというもの。この勢力息を揃えてやっていたのだから唖然の一言、
しかしここも舞台裏でひどい歴史が繰り広げられていた。白玉楼ではfai様が全勝していたという記録である。デッキの中心ギミックは幻想の四季+ソウルゴーハッピー。ここに四季の人という姿を現す。
「Visionしろよ!!」3番目の関西でVisionしていないプレイヤーが認定された


・5月 フルーツに世界は侵食されていた
Visionが全体的なリニューアルが行われる。これにより一部のプレイヤーは全部買いなおすという暴挙に出る、同時に多くのエラッタやルール変更を余儀なくされるが関西の環境ではそこまで影響はなかったようである、一部符ノ壱パチュリーなどは痛い目を見ることとはなるのだが

主催があわせて16人と少ない人数で始まった奈良公認大会、グレイソーを狙おうとわれこそは!という感じになる、ので上位と下位とで露骨にデッキタイプが分かれることになる。ここからメインにフルーツを積むことが常識クラスになる。プレイヤーの目が合ったらフルーツ打たれるのがこの大会より関西の常識となる。
そんな中雑記メンバーのfai様が本気を出して1位に、釣瓶コントロールという本気を出した!2位はヘイゼル様となりこのあたりからトッププレイヤーの上位定着がよくわかる、後にこの二人は幾度となく戦いを繰り広げることとなるのだがそれは別のお話。
そんな中下位では伝説の戦いが繰り広げられみんなが観戦し、脳裏に植えつけた戦いがあった
博霊結界デッキと神様デッキの戦いである。
博霊結界のせいで序盤からビートダウン要素をとられてしまったために長期戦にもつれ込んだ結果両プレイヤーキャラクターが15枚以上配置されている激しい戦場になっていたのです。ついでにこのとき千代田様は友人に言われてノリで作ったとのこと、なんてこった。

河内長野公認大会もスタート、何故かいまいち盛り上がりに欠ける。デッキタイプはコントロールハンデス(ふるーつ)が大体の主流となるなか符ノ壱”伊吹 萃香”によるビートダウンがこのあたりから露骨に見かけるようになる。ここから出されるワンショット気味のビートダウンは何も言わず凶悪なのは皆様知っていました。
そんな中またもやfai様が1位に、2枚目のグレイソーとなる・・・・しかし奈良の参加者が少なかったためにそんなもん知ってる人は少なかった。


・6月 関西で調整会というものが始まる
どこぞの誰かが河内長野交流会を企画されていた。名目は調整会のため数多くの方が数多くの戦いをこなす形になる・・・・シングル戦なのでフルーツが腐る戦いとなる。
やはり怒涛に出てくるのは符ノ壱”伊吹 萃香”、全体的に初心者を含んだりと手探りの環境で行われることとなる。
そんな中1位を収めたのはIoros様、獣型ダスパデッキである。ここから獣と全体除去が少し見直されることとなる。

この時の奈良公認大会は特殊ルール「タッグマッチ」となっていた。いろいろ特殊とあってかルールを理解していないプレイヤーが多数。なかなか面白い組み合わせとかもあり上位陣は意外とばらばらとなるおもしろい成績をのこしていたりもする。
そんな中場に維持してエフェクト起動で発動するカードが強いという認識を得たRyo/様とioros様のペアが優勝となる。符ノ壱パチェとピラーと結界チームという強力なエフェクトカードが猛威を振るったようだ。
「ルールわかってたら二人でプリバで押し切ればいいだけじゃん」
んな物と子もないことを


・7月 まけやそ様が新たな旗を上げた
というわけで毎月1週目に京都で公認大会を行うという大きな目標の元、京都公認大会が行われる。今まで顔を出さなかった近畿北ブロックの戦いとなる。逆に南ブロックの人間はしけた目で参加しない方が多いため完全にプレイヤー層が分かれた形となる。
エリアが違うためか手探りで作ったデッキを多数見かける。初心者も多くいい感じの戦いとなる中
歴戦の戦士たちによる上位戦が行われていたりもした。
そんな中上位に「ノード4速縛りメイベル」や「人間プリバ」など今の関西では信じられないようなデッキが上位に入っている楽しい大会であった。下位卓でIoros様がイドストで暴れていたのは歴史に新しい話。
1位は速攻デッキを組んできた椋木様、上位が軽量メタを薄くしていたためもあるのだろう。本人は「本気のデッキじゃないしw」知ってるプレイヤーは知っているが知らないプレイヤーはビビッタことだろう。
このとき椋木様によるイド盾1キル講座が行われた・・・・・そんな中Ioros様は一人絶望の闇に取り込まれていた
「フルーツは空気を汚染する」
最強の名言により空気は変化するのか?

そんな後に奈良公認大会、久しぶりに参加者が多い感じがしたのは・・・・気のせいではないかと思う。このときどっかの誰かが「コントロールみたいな難しいデッキよりも簡単なデッキ使ってみたら」とか
椋木様が速攻だったこともあり3速帯デッキが流行ることとなる。だがしかし
上位陣はいつもどおりのプレイヤーだった・・・・・もう普通に強いプレイヤーは一つ上を行っているのである。
そんな中椋木様は幻想生物(スペルカードオンリー)デッキで出場、どうみても爆発力がイドにより怖い完成度となる。
1位はfai様、新型ギミックを搭載したデッキにより大きな戦果を残したこととなる。2位にヤス様、fai様と椋木様がぶつかったから・・・・ではなく、憑依デッキの特徴を把握したリアニメイトデッキということで高完成度を誇っていました。
・・・・・3位に椋木様がいましたが、そんなことで
「関西大丈夫なの?」
本気で先行き不安になります。



そんな感じで1~7月まとめでした、いろいろなことがおきましたがどうだったでしょうか?8月以降関西のVisionの公認大会も増え上半期以上に新しい歴史が増えることでしょう
6弾にエラッタ、滋賀公認など新しい風を吹かせる行事も出てきています
こんなこともあったよね~とか、俺こんな感じだったよ~なんてものがあれば掲示板にでも書いていただければ楽しい話題にはなるかと・・・・まぁこれ結構俺の視点混じってたりするし・・・・仕方が無い
京都や奈良のほうは対戦動画でなんとなく雰囲気出ているのでそれを見てもいいかと思います

【2009/07/28 00:00】 | 大会レポート
トラックバック(0) |

すごい!
千代田暁
楽しく読ませていただきました。

振り返ってみるとここ半年はまさに「激動」という印象ですね。
自分がこんなに大会に参加するとは思いませんでしたし。何より大会がこんなに開かれるとは。
主催者の皆様にはただただ感謝するのみです。

これからも色々あるでしょうがそれも楽しみにして。
とにかく現環境に置いてかれてる感が否めない私としては必死だったりするのですが…(ぉ

No title
早寝
>>千代田暁様
楽しく読んでいただき何よりです。
なんかいつものノリでまとめてしまうとこんな感じに、カードプールの変遷じゃなくなってる感じもしますが
しかしこう振り返ると・・・・いろいろあった感じがします。

現環境もあと3週間ぐらいでおさらばですか・・・・よかった(おい

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごい!
楽しく読ませていただきました。

振り返ってみるとここ半年はまさに「激動」という印象ですね。
自分がこんなに大会に参加するとは思いませんでしたし。何より大会がこんなに開かれるとは。
主催者の皆様にはただただ感謝するのみです。

これからも色々あるでしょうがそれも楽しみにして。
とにかく現環境に置いてかれてる感が否めない私としては必死だったりするのですが…(ぉ
2009/07/29(Wed) 00:20 | URL  | 千代田暁 #qVg8g2DU[ 編集]
No title
>>千代田暁様
楽しく読んでいただき何よりです。
なんかいつものノリでまとめてしまうとこんな感じに、カードプールの変遷じゃなくなってる感じもしますが
しかしこう振り返ると・・・・いろいろあった感じがします。

現環境もあと3週間ぐらいでおさらばですか・・・・よかった(おい
2009/07/30(Thu) 13:21 | URL  | 早寝 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。