Visionまとめサイトとなってしまうのか・・・・・・やだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけで発売したSpecial Collection Vol.9&10ですが
まぁ今回はそれのコメントという形です

まずはいつもの開封動画をどうぞ










では、こちらのブログ的なレビューを


No.881:天上の威光チーム
以前の行われた「ユニオンで出そうなカード」で上位を取ったカードですが流石に登場ですね。やはり目を見張るのは強力な耐性能力と要石によるテキストの追加でしょうか。デッキを作る運用ですと
天子デッキ+衣玖(5弾?)
の運用で構築されそうなデッキです。天子デッキ同様バーンでのリードを広げるのでゆっくりできれば安定してダメージソースを確保できそうですね


No.882:激動の大地チーム
毎ターン裏向きカードが追加されていき焼きとサイズアップを図ることが出来るカードです。
運用の理想は伊吹 萃香を中心に置き構築していくものでしょうか?そうでなくても勝手に置かれていくのでカードとしては単体でも効果は完結していますし。
輪禍術とセットで運用していきたい


No.883:夜天の鬼神チーム
鬼2体ですが、パワーよりも目が行くのは強力なロック能力です。術者なしで使うことがほとんどであるのとコマンドが使えなくするのは強力、二つの炎から単純に場に出すだけでも大きく妨害できるのでその運用が一番早いかもしれません。その場合はキャラ能力対策もきっちり欲しい。


No.884:闇の創造神チーム
魔界で2枚目のユニオンです。効果も冥界から簡単に継続的に上げてこれる能力を持つのが魅力、スペックダウンも一時的なのとノードの割にサイズがでかくなるものが多いので上げていくだけで基本打点には困らないかと。
そしてサイズ負けしている時は生贄を出すことでサイズアップ、スリープ状態のキャラクターを使用することができるのと少々重いですが連打可能な点は評価していきたい。
全体パンプがなくなったのとノード5までなのが少し残念か


No.885:霊想『大地を鎮める石』
キャラのダメージを無効にし焼きや戦闘に対して強力な能力を付与するカード、しかも維持コストもなく、天子がいれば破壊も難しくなるというとんでもない代物
ユニオンの素材にした要石も戻して1ドローに活用できるのもポイント、9弾天子と一緒に使うと焼きコストとドローを両方できてお得かも。
個人的には戦闘的に即死持ちのカードとセットでも運用したい


No.886:龍魚『龍宮の使い遊泳弾』
条件がぐるぐる3枚でコスト合計のダメージを割り振れるという物、上限6と決まっているがそれでも積まれていくダメージは期待できる。
基本的に使われるカードのほとんどが3~6(2など一部あるが)なので9以上は期待しても良い。除外したカードを蓮子などで回収したい感じもするがそれは欲張りすぎだろう


No.887:鬼符『大江山悉皆殺し』
キャラ以外のカードの枚数分場のカードが破壊できる代物、要点は基本的に種類は問わないことと「まで」である2つ。破壊なので決死無効が効かないのも良い
やはり単純にユニオン元のおかげでデッキも限られてくるがアイシクルフォールなどのカードを使うと破壊する枚数が増えていくため面白いとおもう。


No.888:四天王奥義『三歩必殺』
+15と貫通を持つという「火力」的な意味合いが強く見えるカード。パンプだと焼きの次にグレイズ与えずらい点は評価。しかも対象も取れなくなるのでジェラシーを筆頭にブラストなどが使用不可能になるのも○
次のあなたのターンとあるので1ターン守れる能力をもっていると一番好ましい。ウーや墨守チームなどを利用するか少女密室や覚醒を用意したい。また自己でサイズアップするのも良いかも、やはり勇儀(5弾)や夢子などが好ましいか


No.889:変装
名称を一時的に変更するカード。1ドローもおまけであるので隙はない
やはりユニオンの素材やスペルカードの術者、特定のコマンドの使用で使われるのがほとんどであろうか。


No.890:プレッシャー
連結のコストを払わずにプレイでき、片方の素材もいらなくなるカード。
やはり使う場面は高コストを要求されるカードがメインか、神や吸血鬼となると高いのが多いので活躍しやすい。
もう一つは片方の素材を踏み倒せる点。こちらはやはり魔理沙や霊夢やレミリアなど「パートナーが多い片方のカード」の連結を多数の種類使う時に効果を発揮するだろう、仏蘭西人形では不可能なのに注意したい。
一応符ノ壱魔理沙または変装とこのカードを使えばほとんどのユニオンが使えることも覚えておきたい


No.891:蒼天の突風チーム
払ったコストの枚数分で耐性と焼きダメージを付与できる能力のカード
やはり3前後を払えば結構な耐性とそこそこの焼きが期待できる。しかし起動後の枚数なのには注意しよう
この手のカードで最も気になるのは「0枚払う」というもの、もちろんできるので隠密アタック6のスペックのアタッカーが欲しいために0でプレイするのもかなり有効である


No.892:天魔の尖兵チーム
文と椛がくっ付いたせいで強力なキーワードを多数手に入れたカードである。
やはり光るのは「ノード4」「先制」「速攻」「隠密」「条件を満たしやすいハンデス」「リカバリーの効きやすいリクルーター」ということか、一つ一つ優秀な物を多数持っているので器用なカードである
文句なしにアタッカーとして運用したい。コストも軽減する妖怪の山が存在するため見た目以上に早く行動でき、リカバリーも早いだろう


No.893:追撃の辻風チーム
グレイズ0に攻撃6先制なのに戦闘決死で発動する強力な能力持ちのカード
何よりも攻撃を受けてもおいしくないステータスなのにブロックしてもまずいという能力なのがこのカードの持ち前、運悪くコマンドなんて抜かれた日にはたまった物ではない。単純に手札も取られている
運用も何も普通にアタックとして運用しても良い。妖怪の山関係は同様だがこちらはできる限り相手に手札をもたせておく工夫が欲しい。威力偵察などが意外に相性が良さそうな感じはある


No.894:冥府の司直チーム
こちらも「そろそろユニオンで出るだろうなぁ」と思われてたカードの1枚です
待望の抵抗に対抗するカードということで現物で登場した物、連結コストも要求されるので少しまずい感じもしますが決死になると1枚破棄できる能力もあるので2~3枚ぐらいは削ぎ落としてると考えればまぁっと思えてくる
映姫や伝説が絡むのでその辺を使うデッキで組み込んでいきたい


No.895:『無双風神』
攻撃3と先制と連続攻撃の能力を与えるパンプカード。
能力的なものを加えるのと連続攻撃を行ううえで代償がそこそこあるのでそれを補う構築や場にしておきたい。質よりも量を要求するのでドローカードで大量に手札を増やしつつできれば隠密などのダメージソースに繋がりやすい物や単純に大型のカード、能力を連打した天子(9弾)にも良いかもしれない


No.896:取材『姫海棠 はたての練習取材』
手札を2枚選んで捨てさせて大体2ドローももらえるかもね?なカード
2枚選んで捨てている点はかなり強力、ピンポイントで戦略を崩していけるのは強力、次にドローもあるので普通アドバンテージは減らさずに使える点、選んで同じ種類ならもう一枚と故意に2捨て2ドローに変えることができるかもしれない
コスト3なのではたてをつかいたいがそこまで気にしなくても良いと思う、連結コストにもなっているのでそちらを優先したい。ただ情報戦使用後に使えれるのが一番理想ではある


No.897:審判『ギルティ・オワ・ノットギルティ』
カウンターを一気に回収できるのとカウンターを多数搭載するデッキの弱点のダメージソースを簡単に獲得できる強力なカード
やはり2の効果が光りますが素材自体が強力なカードなので注意したい、1の効果で回収しずらいようにするのも微妙なのでデッキを作る段階で「だいたいの理想」でどちらかを想定して作りたい。使い分けは状況判断でもできる。


No.898:死符『死者選別の鎌』
相手のデッキ破壊とキャラクターを盗む能力持ちの装備カード
デッキ3枚破壊とその中の1枚のキャラクターを盗る能力、基本コストとかそうゆうものは関係ないのもやばい。1回成功してしまうだけで運が悪いと取り返しが付かないことになるかも
ユニオンの素材が「地縛霊をしてくれ」と言っているので難なく投入できる、リカバリーにはちょうど良いかもしれない。そして単純に能力が高いので黄泉の船を使おうと思ってるデッキに普通に入れても問題ないかも。たとえば妖精とか魔界とか


No.899:教唆扇動
連結のカードをサイドからサーチできるというもの
・・・・・・こううろおぼえのなんたら以降味をしめたのかこうゆうカードを出すのはラフプレイ的にはどうかと


No.900:六道輪廻
連結を除外すればその種族のカードがデッキからでて来るというもの
現段階でフォローされてない種族もそんなにないのでこのカードを経由すれば大体のカードは出せるという感じ。その中でも幽霊での西行妖やエンドカードになりやすい幽香や各種テーマの中心カードをこれで簡単に出すことは可能。
投入する場合祟り神の薫陶と運命の輪も入れておきたい







あと余談ですがこちらで今回のパックのカードで皆様の注目しているカードのアンケートを採っております
興味ある方は是非ご協力ください

【2011/10/19 23:45】 | Vision雑談
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/12(Fri) 05:58 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/30(Fri) 18:38 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/25(Fri) 15:55 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。