Visionまとめサイトとなってしまうのか・・・・・・やだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか今すごく楽しいカードゲームないの?早寝です。
資産と時間に若干余裕ができたのでカードゲーム業界に詳しい某友人と話していたのだが(近所だからなのもあるが
大体俺とそいつの意見をまとめるとこんな感じに

ガンダムウォー=緑雲丹はじまった!
カオスTCG=新生します!超いっぱいエラッタを(俺の辞める理由
遊戯王=新制限リストを出しました!シンクロ死亡のお知らせ(早寝はデッキをダンボールに入れた
マクロスクルセイド=始まったばかり!シングル値段が安定してない
レンジャーストライク=最近がんばっているそうです
アクエリアンエイジ=旧キャラ続々参戦で熱いですよ・・・・といってもユーザーみねぇ

・・・・早寝の明日はどっちだ?ポケモンとラブプラスとガンダム戦記で一人黙々とお茶を濁します。


>伝説と神器と
というわけで前回のブログからここまでちょくちょく話題に出すテーマのひとつのこれ
6弾登場と同時にこのジャンルも変わったわけだが
今までのおさらいと同時に新カード3枚と合わせて考えてみる。


>おさらい、今までの環境での活路と幻想
というわけで今まで紹介してたものを数枚復習でピックアップする形に、詳しいのは大変気ままのほうの過去ログ漁れば出てきます

・フランドール・スカーレット
1ショットの代名詞として扱われるキャラクターの1枚、ライフコストを払って軽くなるのと専用の神器が使いやすい部類であるため自身の貫通と合わせ強力になる形に。目立ちたがり屋が良く使う

・輝夜(1弾)
リニューアル後怒涛に暴れまわるようになったこいつ、お供はグングニルほぼ1択。基本的にでてきたえーりんのパンプのためだが正直こいつの神器の扱い方は同ノードクラスのキャラに戻すという意味合いしかないので正直この記事向きのカードではない

・八坂 神奈子(3弾)
アタック時に相手に小細工を外せる時点でほぼ同クラス帯とは勝てるカード、専用がないのが残念だが単純に脳なしで攻めるなら他のキャラクターを超える。だがノード帯と除去に対するディスアドを考えると幻想郷の門は必須にしたい

・洩矢 諏訪子
現環境で攻める意味合いではもっとも使いやすいカード、専用の神器の優秀さも後押ししており他の貫通系のカードよりも打点を通す上では通しやすく耐性も良い、幻想郷の門と使えば軽くなり耐性も付くため使いやすくなる。ただし捌かれてしまったときのディスアドは最大クラスなのでご注意を

・符ノ壱”レミリア・スカーレット”
コスト4払いで除去耐性持ちを持つバランスのいいカード、されど同ノード帯ではスペックが気になるが先制持ちなのでこのジャンルではむしろ許せるクラスにはなってる。2符に比べ展開が格段に遅くなるのがネック

・符ノ弐”レミリア・スカーレット”
基本素出しで出てくることはないため運用的にギミックパーツの中心の形で雇用。最大級スペックを誇りトークンを出せる能力は強力、されどスペックの割りに耐性が貧弱なのとディスアドがひどいので伝説というジャンルで扱うのではなくリアニメイトというジャンルで扱うのが一般的

・蓬莱山 輝夜(5弾)
伝説界の英雄カード、伝説持ちであると同時に5ノード帯というのとコスト1という軽さ、専用の神器も大量にあり、能力で外したりカウンター無視して付けれたりとまさに英雄。除去時に外せるのでディスアドも最小限で済み、グレイズの低さで気にせずビートダウンを仕掛けられるスペックになるのでアタッカー向きであるのも○。完全に神器頼りで一般人には見向きもしないが神器を考えたのであればお勧めの一枚。

・レミリア・スカーレット(5弾)
自重しない暴れん坊。スペックとグレイズ値は文句なくデメリットはむしろあんまりデメリットではないのだが構築の段階で悩みの種を抱えるカード。スペル系の神器は強制的に仕えなくなってしまうのが残念だが奇襲的な意味での神器とは相性は抜群なのでその辺を考えるのであればお勧めの一品、除去耐性も兼ね備えた緋想の剣はお勧めだが毎ターン相手を無残に散らすことのできる祇園様の剣も強い。

・八坂 神奈子
現環境でもっとも注目されるようになった神器持ち、数多く増えた世界呪符に対しての圧倒的なアンチ能力によりスタンダード環境構築の上位に乗る。ノード帯6でスペックも良いので伝説持ちとしては大変搭載しやすいスペックなのでこのジャンルでは「適当に2刺し」していても困ることはまずないだろう。専用がないのは残念だが逆に考えれば他の抱き合わせと言う形で考えがふっきれる

・四季映姫・ヤマザナドゥ(5弾)
圧倒的なカウンターアンチカードとして登場、デッキタイプによったら2~3ターンに出ることもざらである。藍によりパーミッションが大幅に弱体化していたが今回の環境変化でパーミッションが大幅に強化されたのをうけてさらに出しやすくなっただろう。ノード8帯と考えるのではなくおまけでスペック5/6がついてくると考えればうれしい。問題は完全に相手任せになってしまうのと、防ぐために専用の神器を入れてもいいのだが運用の特殊さが露骨に出てくる

・神槍『スピア・ザ・グングニル』
完全なコンボパーツ、打点強化は完全にそれそのものである。伝説で扱う分野としては結構否定的なカード、ぎりぎり運用で符ノ壱レミリアか。

・禁忌『レーヴァテイン』
伝説で攻撃的にビートダウンするとなればこちら、貫通と高い攻撃力、気になる防御も一緒に上がるのは魅力、デッキ破壊はおまけそのもの。重たいのは仕様なので仕方がない

・神具『洩矢の鉄の輪』
防御干渉以外割り込みできない能力を持つ強力カード、諏訪子との相性は圧倒的によく上がるスペックも悪くはない。こいつの運用は主に安定して殴るというもの。除去耐性というわけではないが現環境で怖い逆さ虹などのコンバットトリック相手には圧倒的な強さを発揮する。要は「殴りあおうぜ!」神器としては男らしいカードだ

・難題『仏の御石の鉢 -砕けぬ意思-』
アドバンテージの塊にして攻撃的な要素も取り入れるこのジャンル最強カード、設置のたびに1ドローなのでディスアドが発生しにくく、輝夜と一緒に運用ならむしろアドが取れまくるカード。下のグレイズ分ダメージの能力は一見輝夜とは相性悪そうに見えるがこれで釣瓶などのブロッカーが封殺されていく恐れがあるのでそんなマイナスイメージは皆無。お勧めの一枚

・緋想の剣
意外と否定的に見られるこのカード、攻撃干渉でダメージを伸ばせるのと目標解決不可能で泣かせてみたりとその辺でアドが稼げるので特に問題はない。主に耐性を付けれるのが強力。以外に守りと奇襲両方に使えるので入門用や白楼剣などと同じ流用方法ができたりするので使いやすいカード。


>ここからは新しく増えた3枚のカードを考える

・難題『燕の子安貝 -永命線-』
サラマンダーシールドよりもこっちが先に来たか。絵柄が超いい感じのこのカード、輝夜の新神器にして強力な除去耐性を持つ・・・・がそれはおまけ。
基本的にはアタック宣言に行われるノード+2が最大の能力。要はこいつが殴り続けるだけでノードアドは+2なのである。
ついでにこのカードのノードは冥界から引っ張ってくるためデッキ消費を一切気にせず行えるため超強力なチャージカードになる。冥界が溜まりやすく、デッキから補充したくないと考えるコントロール系に関してはマナチャージのキャラよりも運用がおいしかったりする、まぁ伝説がいる分ネックにはなってるのだが。
実はこのカード、他にも凶悪な二面性を持つ
まずはノード+2なのだが、輝夜に特に制限されていないので鉢のときと比べ汎用性が広いのである。むしろ輝夜につけるよりも映姫などのカードに付けた方が強いのですよ、ついでに外したりする必要もないので。
二つ目、この破壊無効の効果、これが重要、
逆にノードを使い切ってそこで除去されてディスアドになってしまうタイプのカードの相性が抜群なわけです。諏訪子や神奈子は幻想郷の門という専用カードがあったのですが神器である分こちらの方が用途は広い、次にフランやリアニメイト型符ノ弐レミリアになるとノードをごっそり持っていったところで除去されやすいのでそのタイミングでノードを一気に3~4ラインまで戻せるのは強力、ちゃんと一応防衛用にカウンターが握れることになります。

・祇園様の剣
発売前の発表時に強いだの弱いだの言われてたカード。コマンド神器だが運用は緋想とは別で守り型というきっちりとした用途のあるカード。
攻撃+4だけだが先制持ちのためむしろその方が強く。防御干渉で行えば先制により使いやすい。
次に先制持ちで警戒するのは当然だが能力によりアクティブ時にガシングの効果が発動するためこちらは軽いカード相手には大変強力な能力を持たせれる
要は守りのカード、除去耐性の取りやすい符ノ壱レミリアやコマンド神器と相性のよい5弾レミリアが有用候補だろう。
ただVisionの戦略的にはあまり前向きな能力ではないのでそんなにお勧めするものでもなかった

・天狗の小槌
まず用途の前に能力をちゃんと把握してほしい。決してアクエリの勾玉の効果を所持しているわけではないので注意。解釈としては
このカード+神器がついてと解釈しての装備2枚だ、妖夢と合わせたら増えるわけではないので注意したい、何が何でも2枚だ。そこを間違えないように。
要はこーりんを使わなくても神器が使いやすくなったという感じのリーズナブルなカード。当然ディスアドは余裕で発生してるし、装備という物の関係上ディスアドになりやすいのも普通。
ただこいつの登場で大幅に変わるカードがある。それはスタンダードで神器が必要になった場合普通に刺せるようになったこととコンボパーツとして速度がめちゃくちゃ上がったことだ。
これにより一般的なやつに伝説を簡単にもたせれるようになったが、実は伝説ないやつで神器を持たせて活躍するやつはそうそういないのである。だってそりゃそうだが
そこで例として1組を上げたい
・・・・そう、妖夢グングである
以前までだとコンボパーツとしてキャラクターを3枚通過させないと使えなかったこのコンボだが2枚になったことにより一番重たいこーりんがいらなくなったので
ので実質スリープノード5枚からでも開始できるようになったのである。これは実際めちゃくちゃ早くなっているのである。
このように新しい可能性を発揮するには強力ではあるのだが、奇襲的には使いにくいこととかいろいろ難題はあるが新ジャンルとしては楽しいカードではある。



こんな感じ。相変わらず笑われるのは確かだが趣味以上の戦果を出せるカード群ではあるので使ってみると相変わらず楽しいのはあるので俺は使うけど。
今回大きく環境を変えてるカードは子安貝と神奈子かな、世界呪符ないと完全なバニラとか言ってるのも多々聞こえるがこのジャンルを含むと強力なアタッカーとしても作用するため考えのひとつにはなるだろう。
映姫に関しては変わりそうだが実際にどうなるか、レミリアもリアニメイト守ることができるようになったが変わりにアポロが出たので正直わからない状態。
まだ6弾も始まったばかり、メジャータイトルデッキに伝説輝夜と言われるところまで上り詰めれるのか?そこに期待したい

【2009/08/30 02:52】 | Vision雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。